開店・開業祝いで気をつけたいことと、贈り物の定番は?


友達がレストランやカフェを開いたり、士業で独立したりして開店・開業祝いに何を贈るか悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

営業として働いている方は、取引先との繋がりで開店祝いを贈ることもあるかもしれません。

そこで今回は大人の男性であれば気をつけておきたい開店・開業祝いの贈り物のマナーと、定番の贈り物をご紹介します。

開店・開業祝いにこれはNG!

開店・開業祝いには「贈ると縁起が悪い」とされているものがあります。それは以下の2つです。

  • ・赤いもの
  • ・踏むもの

まず、赤いものは「赤字」を連想させるため避ける必要があります。「開店祝いに花を贈ろう」と考えている方も赤い花は避けましょう。

つづいて贈ってはいけないのは、

  • ・マット
  • ・靴
  • ・スリッパ

など「足で踏むもの」です。これらには「踏みつける」という印象があるため、特に目上の方に送るのはやめてください。

開店・開業祝いの贈り物の定番は?

開店・開業祝いの贈り物の定番としては、

  • ・現金や商品券
  • ・カタログギフト
  • ・花

が挙げられます。

相手が友達であれば5000〜10000円、取引先であれば10000〜30000円が相場と言われています。

「現金や商品券だと、値段がバレるのが嫌だな・・・」と感じる方は、カタログギフトや花を贈ると良いでしょう。

花は、特に胡蝶蘭がよく贈られています。というのも胡蝶蘭の贈り物は「根付く」、「幸福が飛んでくる」という意味を持っているため、開店・開業祝いとして好まれているからです。

今回は開店・開業祝いの贈り物で気をつけたいことと、定番の贈り物をご紹介しました。

きちんとマナーを守り、相手にお祝いの気持ちが伝わるものを贈るように心がけたいですね。

  • Bluebook編集部
    Bluebook編集部
    Facebook Twitter Google Plus
    サイト
    「Bluebook 紳士録」は、日々の生活で必要な紳士の役立つ「マナー」や「知識」情報を配信していきます。日々のちょっとした「知らない」「分からない」を解決したい。