貴方は知っていますか?礼服と黒のスーツの違い


海外においてブラックスーツは礼服と認められていませんが、日本では礼服として認められているため、冠婚葬祭の場で重宝される服装の1つとなっています。これさえあれば、葬式も結婚式も着ていくものを新調する必要がないのですから、こんなにいいものはありませんよね。

ですが残念なことに、最近はもしかして、読んでいる方の中にもそういう人がいるのでは?

ブラックスーツは礼服ですが、ビジネス等で着用する黒いスーツは礼服ではありません。よって、これを勘違いしていると相手に大変な非礼となることもあるのです。

一番の違いは生地

これは並べてもらえば一目瞭然でわかるのですが、もされています。これにたいして、

双方の違いはイメージで言えば記事の見た目は下記のような感じです。

  • ・ブラックスーツ⇒真っ黒
  • ・黒のスーツ⇒薄い黒

よって、葬式の場に黒のスーツを着ていくと、出棺等で外に出た瞬間陽の光があたって、周りから白い目で見られることになります。おそらく着ている本人はそんなこと気にもしていないでしょうが、いい大人になった男性が常識を欠いていると咎められていることに違いないのです。

冠婚葬祭ともにブラックスーツOKなのは日本だけ

この生地の違いはブラックスーツが礼服として認められている日本では重要な問題となってきます。

祝いの席である結婚式などではスーツの生地が光っても咎められることはありませんが、葬式の場合は別です。

よって、ブラックスーツとビジネス等の黒いスーツ違いを理解せず、ごっちゃ混ぜにしている方は大変なことになるのです。

冠婚葬祭は黒いスーツを持っていれば大丈夫、そう考えていた方はさぞビックリしたことでしょう。

しかし、

礼服のブラックスーツをもっていない方は、これを機会に新調しておくことをおススメします。

  • Bluebook編集部
    Bluebook編集部
    Facebook Twitter Google Plus
    サイト
    「Bluebook 紳士録」は、日々の生活で必要な紳士の役立つ「マナー」や「知識」情報を配信していきます。日々のちょっとした「知らない」「分からない」を解決したい。