社内恋愛のNGマナー


社内恋愛をする時には、仕事に影響を出さない事がマナーです。

ただ、残念ながら社内恋愛でこのマナーを守れないパターンもあります。そんな社内恋愛のマナーから外れた行為を案内します。

職場の就業時間内に恋人と甘い時間を過ごす

就業時間内に甘い言葉を囁き合ったり、抱きしめ合う事などの行為は控えましょう。恋人と甘い時間を過ごしたい欲求は突飛な物ではありません。しかし、就業時間に恋人と甘い時間を過ごして他の社員にサボっていると受け取られる事で評価が下がる事も考えられます。

あくまでも就業時間は恋人にはビジネスライクに接して仕事に専念しましょう。です。

恋人と別れた後は職場で酷い態度を取る

社内恋愛だと別れた相手と会いたくなくても、会わざるを得ない場合も有り得ます。

もし、社内で別れた恋人と会うなら、相手に酷い態度を取るのは慎みましょう。無理に優しくするという訳ではありません。あくまでも、

元々職場恋愛をする時には、別れた場合に上手く対処出来るか考えておいた方が良いかも知れません。

職場で仕事上で恋人を特別扱いする

職場で恋人の事を依怙贔屓したくなっても、実践するのは避けましょう。

例えば、或る女性社員から特定の男性社員が仕事で依怙贔屓されていたら、気分の良い物だとは受け止めにくいでしょう。

社内で一緒に働く女性と恋愛をしても、是非マナーは守りましょう。そうする事が結局は、社内恋愛をしている相手の女性を守る事に繋がると思います。

案内したようなマナーに欠けた職場恋愛の振る舞いをする事で、お互いに悪い評判が立つ事も考えられるのです。

  • Bluebook編集部
    Bluebook編集部
    Facebook Twitter Google Plus
    サイト
    「Bluebook 紳士録」は、日々の生活で必要な紳士の役立つ「マナー」や「知識」情報を配信していきます。日々のちょっとした「知らない」「分からない」を解決したい。