彼女の家に挨拶に行く際のマナー


男性なら一度は迷う彼女の両親とのご対面のシーン。今回は、実家に挨拶に行く際のマナーについてご紹介します。

気を使いすぎても、フランク過ぎてもよくないですが、緊張していることは先方も分かっているので、大人の男性としての気遣いや振る舞いについて考えてみましょう。

駐車スペースの確認

IMG_3496bfree

出典:https://www.pexels.com/
車で向かう際は、彼女の実家や近くに駐車場がないこともあります。

ただし、車だと一緒にお食事をしたときにお酒が飲めなくなってしまうので、公共交通のほうが良いですね。

手土産

462540e405277b7206f6c776ff805183_m

出典:https://www.photo-ac.com/
が、どうしても好みがわからないときは、日持ちのする和菓子または小分けに包装された洋菓子を選ぶと間違いないです。

高級店に頼るのが間違いないですが、わからなければ百貨店のお菓子売り場で購入するのが無難です。また高価過ぎるお菓子、量の多いもの、生菓子(ケーキ、冷凍、生和菓子)は、当日一緒に食べることができなければ持て余してしまう可能性があるので、避けた方がベストです。ただし、≪有名パティシエの○○≫のように、限定物をプレゼントしたい場合は喜ばれると思いますよ。

相場は一般的には2,000円~4,000円程度です。ご両親だけでお住まいなら、1,500円程度でも十分なものが用意できますね。

服装

pexels-photo-298863

出典:https://www.pexels.com/
スーツを着ていく必要はありませんが、あまりラフすぎるのもNGです。この日ばかりはいつもより気合を入れて、キチンとした大人であることをアピールできる服装を選んでください。

春・秋・冬であれば、軽くジャケットを羽織ると良いですね。ジーンズでも良いですが、ダメージジーンズはNGです。一般的なデニムパンツやウールのパンツをオススメします。

いかがですか?

ご両親との挨拶は最初の印象が肝心です。就職面接やお客様と会う時、気合の入ったコンパと同じだと考えた方が良いと思います。自分が最大限良く見えるように整えるのは当然のことですよね。

清潔感のある髪型、爪を切る、鼻毛を切る、キレイな靴下をはく、キレイな靴を履く、といったところでしょうか。あと大事なのは「笑顔」です。

しっかり整えたら、当日は気合いを入れて頑張るのみです。きっとその気持ちを汲んでくれると思いますよ。

  • Bluebook編集部
    Bluebook編集部
    Facebook Twitter Google Plus
    サイト
    「Bluebook 紳士録」は、日々の生活で必要な紳士の役立つ「マナー」や「知識」情報を配信していきます。日々のちょっとした「知らない」「分からない」を解決したい。