宮大工の「口伝」に見るビジネスの極意


宮大工は、神社仏閣・城などの建築や修理、また国宝や重要文化財の修理を専門とする大工さんです。

しかし、それら建築物は一般住宅に比べて破格の規模で、使う材料の大きさや量は桁違いとなります。また完成までの工期が長く、数多くの職人さんが集まりますから、大勢の目的意識を一つの方向にまとめる「棟梁」には、豊かな才覚が求められます。

その棟梁のために、宮大工が代々伝えてきた「口伝」があります。棟梁としての心構えを説いたものですが、意外にも、これは現代ビジネスも通用する、非常な示唆に満ちているのです。それを幾つか見てみましょう。

大きな視野に立つ

landscape-926230_640

「堂塔の建立には木を買わず山を買え。」

巨大建築を建てるには、木ばかりを見てはいけない。その木が育った風土、気候、環境、地形など全てを見て判断せよ、ということです。

ビジネスにおいても、同様のことが言えそうです。

人を生かす

wood-trunks-1032461_640

「木は生育の方位のままに使え。」

山に生えている木を建築物に使う際は、木が育った方位のまま配置すれば、建築物が長持ちするのです。

まさに、適材適所。木も人も、ですね。

管理者の心構え

9b049cb06068a34579a0a6e0ea40a8d8_s

「堂塔の木組は木の癖組。木の癖組は工人たちの心組み。工人等の心根は匠長が工人への思いやり。」
「百工あれば百念あり。一つに統ぶるが匠長が裁量也。」

右にねじれている木もあれば、左にねじれている木もあります。両者を上手に組み合わせると、頑丈な建物ができます。

また木も人も、にかかってきます。

口伝は宮大工の西岡常一氏が伝えた言葉で、他にもあります。実は氏の著作物は、経営者層の間でよく知られており、現代ビジネスでも学ぶべき内容にあふれているのです。
  • Bluebook編集部
    Bluebook編集部
    Facebook Twitter Google Plus
    サイト
    「Bluebook 紳士録」は、日々の生活で必要な紳士の役立つ「マナー」や「知識」情報を配信していきます。日々のちょっとした「知らない」「分からない」を解決したい。