氷水で煎茶を楽しもう


煎茶を淹れる場合、通常は熱いお湯を使いますね。でも、玉露などの高級煎茶は、60度前後のぬるめのお湯で淹れるのがいいとされています。あまり高い温度のお湯を使うと、苦味までが出てしまうからです。

が実は、なのです。

お茶の苦味はカテキン

c47bf48a2b32ff432e31525ae8734462_s

ですが、茶葉に熱いお湯を浸すとテアニンと共にカテキンも浸出します。このでもあるのですが、同時にカフェインも出てしまいます。

そこで氷水を使うことで、これらが出てくるのを防ぐことができます。

氷水の効用

82f3e83ecd77ffadee0b3aa9dda46ae1_s

お湯の代わりに冷水を使うか、氷水を使って淹れることで、できるお茶の味わいはかなり違ってきます。

水で淹れたお茶と聞くと、味が薄く色もほとんどないように思えますが、意外にそうではありません。ただしお湯を使ったときよりも時間はかかり、急須に茶葉と氷水を入れて5分ぐらい待ちます。すると、薄緑色の、すっきりした味わいのお茶ができます。ほどです。

理由は、です。まり、氷水を使うとカテキンの苦みがないため テアニンの旨みだけを強く感じることができるのです。

氷水出し緑茶の健康効果

adfc089d89e59c0203508992220e2e7d_s

そしてさらに、います。

聞き慣れない名前ですが、現在のところ、があるのではないかという研究成果が得られています。

いかがですか。
氷水で煎茶を淹れる効能については、最近テレビでも取り上げられ、徐々に知られる存在になっています。あなたも是非一お試しになってみて下さい。
  • Bluebook編集部
    Bluebook編集部
    Facebook Twitter Google Plus
    サイト
    「Bluebook 紳士録」は、日々の生活で必要な紳士の役立つ「マナー」や「知識」情報を配信していきます。日々のちょっとした「知らない」「分からない」を解決したい。