ネクタイピンの止める位置を本当に分かっていますか?


機能面だけではなく、付けるだけでフレッシュさやオシャレを演出できるネクタイピン。
ただし、付ける位置や意味を分かっていないとせっかくのネクタイピンも本人とともにダサいものと変わってしまいます。
紳士としてはそうはなりたくないですね。
今までなんとなく付けていたというあなた、再度ネクタイピンのことをおさらいしておきましょう。

 

そもそもネクタイピンは何のために付ける?

出典:flickr
みなさんご存知かとは思いますが、ネクタイピンを付ける意味や目的は「」です。
ネクタイが風であおられたり、ブラブラしたり、大剣と小剣がズレたり乱れたりしないためにネクタイピンが存在します。

ただし、これは昔のネクタイの生地が今よりもっと薄く、且つ現在のように小剣通しが無い時代の名残という側面が大きいようです。
現在は機能面よりもファッションやオシャレという意味合いが濃くなっています。

 

間違えてない?ネクタイピンの付け方

出典:flickr
もしかしたら、間違えているという方もいるかもしれません。
ネクタイピンはします。
しっかりシャツと固定しなければネクタイピンの機能のひとつであるネクタイの揺れを止めることは出来ませんね。

なお、ピンは右側から刺すのが通例となっています。

 

シーンによって変わるネクタイピンの位置

出典:flickr

いよいよ本題です。
その場にその状況にあったシーンでネクタイピンの位置を変えられてこそ紳士です。
ネクタイピンの位置が違うだけで相手に与える印象も変わってきます。
 

ジャケットを着ている時

ジャケットを着ている時は、のが一般的です。
ワイシャツでいうと第4ボタンのすぐ上当たりくらいでしょうか。
ジャケットの合間からチラッとピンが輝くのを楽しみましょう。

一番スタンダードなネクタイピンの位置になります。

 

ジャケットを脱いでシャツだけの時

シャツだけの時はジャケットを着ている時より下目につけるのがスマートです。
具体的に言うと「」くらいに留めると良いでしょう。
なぜシャツだけの時は下の方に付けるかというと、前かがみの姿勢になった場合や食事、手洗いなどでネクタイがブラブラとせずに大変機能的になる、という点が大きいです。

 

パーティーの時

結婚式やパーティーなどの華やかなシーンではネクタイピンの位置もいつもよりちょっと上目がトレンドです。
」くらいが丁度良いでしょう。
上げすぎは変ですので注意が必要。

この位置は現在トレンドですが、ビジネスシーンでは軽い印象を与えてしまうため、やめておいた方が無難です。

 

ベストやカーディガンなどを着ている時

ベストやカーディガン、セーターなどをジャケットの下に来ている時は基本的にネクタイピンは付けません。
なぜなら、服自体がネクタイを止める働きをしているので、機能面で見て付ける意味がなくなってくるのですね。

如何でしょうか?
ネクタイピンの位置もTPOに合わせて変えられてこそ紳士ですよね。
もし位置が間違っている後輩がいれば、こっそり教えてあげましょう。

本日もお読み頂きまして、ありがとうございました。
photo:flickr

  • Bluebook編集部
    Bluebook編集部
    Facebook Twitter Google Plus
    サイト
    「Bluebook 紳士録」は、日々の生活で必要な紳士の役立つ「マナー」や「知識」情報を配信していきます。日々のちょっとした「知らない」「分からない」を解決したい。