海外と日本のホワイトデーの違いやあれこれ


今日はホワイトデーですね。
みなさんお返しは済みましたでしょうか??
海外ではホワイトデーの今日は何をしているんでしょうか。
本日は日本と海外のホワイトデーを紹介します。

欧米にホワイトデーは?

欧米にはいわゆる男性から女性へバレンタインデーのお返しをあげるという「ホワイトデー」が存在しないことはご存じの方も多いかと思います。
そうです、ホワイトデーは完全に日本発祥です。
この話もご存じの方が多いかと思いますが、そもそも欧米では日本のバレンタインデーのように女性から男性へチョコレートを渡すという習慣ではなく、クリスマスと同じように男女がお互いにプレゼントを渡すような恋人たちの日とされております。
ですので義理チョコなども存在しませんし、お返しという文化も無いのも当然ですよね。

欧米での3/14は何をする日?

日本で言う「ホワイトデー」はありませんが、欧米では聖バレンタイン司教の殉教から一月後に再び愛を誓う日として「クッキーデー」「マシュマロデー」「フラワーデー」と言った恋人同士で贈り物をする習慣はあるようです。
ただそこにはバレンタインデーのお返しといった意味は全くないです。

ということは「ホワイトデー」は日本だけ?

日本の製菓業界が主導して発展してきたホワイトデーですが、アジアでは若干広がっております。
中国・台湾・韓国では日本のホワイトデーと同様の文化が広がっており、韓国では4/14のブラックデーというバレンタインデーやホワイトデーでチョコを貰えなかった人同士が集まり、チャジャン麺(黒いあんかけをかけた韓国の麺料理)を食べる日というのも増え、独自に発展しているようです。

 

日本は外国の文化を独自にアレンジして取り入れるのがうまいですよね。
それが良いことか悪いことかは置いておいて、日本が生んだホワイトデーも大事な文化ですので、これからも大切にしてきたいですね。

最後までお読み頂きましてありがとうございました。

  • Bluebook編集部
    Bluebook編集部
    Facebook Twitter Google Plus
    サイト
    「Bluebook 紳士録」は、日々の生活で必要な紳士の役立つ「マナー」や「知識」情報を配信していきます。日々のちょっとした「知らない」「分からない」を解決したい。