喧嘩した時の仲直りの方法


大人になるにつれて、他人と喧嘩する回数は減っていきますよね。
子供の頃は毎日友達と喧嘩していたように思えます。
その分、仲直りするのも早いんですけど…。

大人になってから、友達や恋人と喧嘩するとそれを修復するのにかなりの時間を要しますよね。
ある程度年齢を重ねると自分の価値観が固まっているので、ちょっと頑固な性格になってしまうのだと思います。
自分が悪いのは分かってるけど、こっちから謝るのも何だか癪だなぁ…と謝るタイミングを逃していませんか?

冷却期間を置いて謝るきっかけをこちらから作る

喧嘩してしまった時は、お互いにかなり頭に血が上っています。
お互いがお互いの理由で怒っているので、喧嘩直後は話し合っても火に油を注ぐ結果となるでしょう。
まずは、頭を冷やす冷却期間を持つべきです。ちょっとした喧嘩なら2〜3日程度、長くても1週間程度がお勧め。

1週間程度経つと、冷静になり自分のことを客観的に見られるようになります。
そして「言い過ぎたかな…」なんて後悔し始める時期でもあります。このタイミングを逃してはなりません。

自分が「仲直りしたい!」と思ったタイミングでとりあえず連絡を取りましょう。
相手も冷静になっていてそれで仲直りができればOK。
仮にまだ相手が怒っていた場合は「あれは俺も悪かった。仲直りしよう」と持ち掛けてみて下さい。
ここで一番大事なのは、歩み寄ろうとする姿勢です。
どちらかが勇気を出してきっかけを作れば、意外とあっさり仲直りできるでしょう。

 

喧嘩をした時は、なるべく早く仲直りすることをお勧めします。
鉄は早いうちに打て。女心と秋の空。時は待ってくれません。
そのまま放っておくと、疎遠になってしまうかも…

本日も最後までお読みいただきましてありがとうございました。

 

 

  • Bluebook編集部
    Bluebook編集部
    Facebook Twitter Google Plus
    サイト
    「Bluebook 紳士録」は、日々の生活で必要な紳士の役立つ「マナー」や「知識」情報を配信していきます。日々のちょっとした「知らない」「分からない」を解決したい。