で、結局ウィンナーコーヒーってなんだっけ?ウィンナーコーヒーの由来


ウィンナーコーヒーという言葉自体はほとんどの方が知っているかと思います。
ただ、「あの赤いウィンナーじゃないことは知っているんだけど、結局どんなコーヒーだっけ?」という方も少なくないのではないでしょうか。
今日は、そんな人のために、ウィンナーコーヒーとはいったい何なのか、その由来や正体に迫りたいと思います。

 

ウィンナーコーヒーとは?

ウィンナーコーヒーとは、ウィンナー付きのコーヒーでも、ウィンナーを隠し味に使ったコーヒーでもなく、ホイップクリームがのった、普通の濃いめのコーヒーなのです。
大雑把に言うと普通のコーヒーと違う点は、ホイップクリームがのっているかどうかだけ。
ではなぜウィンナーコーヒーと言うのでしょうか?

 

ウィンナーコーヒーの由来は?

ウィンナーコーヒーのウィンナーは、オーストリアの首都ウィーンが由来で、「ウィーン風の」といった意味なんだそうです。
日本独特の呼び方で、ウィーンでは通じません。アメリカンコーヒーと同じようなものですね。
しかし、本場ウィーンで飲まれているコーヒーは、ホイップクリームをのせたものではなく、ミルクの泡をのせたもの。
あくまで「ウィーン風の」といったところでしょうか。
本場ウィーンではコーヒーの違いや、ミルクの量によって名前がいちいち違うそうです。
覚えるのが大変そうですね。。

ちなみに、最近終了して話題となっている笑っていいとも!で有名なあのタモリさんは、若い頃、地元福岡で喫茶店のマスターをしていて、ウィンナーコーヒーを頼まれるとウィンナーソーセージを入れたコーヒーを出す変なマスターとして有名だったそうです。
本当にソーセージが入ったコーヒーの味は、どのようなものなのか、想像もつきませんね。

 

いかがでしたか?
ウィンナーコーヒーについて、お分かりいただけたでしょうか。

なるほど!と思っていただけましたら、シェアいただけると嬉しいです。

本日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

  • Bluebook編集部
    Bluebook編集部
    Facebook Twitter Google Plus
    サイト
    「Bluebook 紳士録」は、日々の生活で必要な紳士の役立つ「マナー」や「知識」情報を配信していきます。日々のちょっとした「知らない」「分からない」を解決したい。