長寿祝い全て分かりますか?長寿祝いのマナー

th_f05061a65c23024173ad5b73742554a5_m

紳士なら、身内にもきちんと冠婚葬祭のマナーをもって接しなければなりません。
今日は、そういうときのために、長寿のお祝いについてご紹介します。
長寿をお祝いすることは「賀寿」といって、基本的には家族でお祝いするもの。
また、満年齢ではなく、数え年でお祝いします。
賀寿は還暦となる数え年61歳から行いますが、最近では還暦を満年齢で祝う人も多いそうです。

 

賀寿の名称・由来

賀寿は還暦から始まり、それぞれ名前がついています。
ここでは、特に代表的な賀寿を簡単にご紹介しましょう。

還暦(数え年61歳):60年で干支が一巡りし、生まれた年に還ることに由来。
古希(数え年70歳):唐の詩人・杜甫の「人生七十古来稀なり」に由来。
喜寿(数え年77歳):「喜」の崩し字が七十七と読めることに由来。
傘寿(数え年80歳):「傘」の崩し字が八十と読めることに由来。
米寿(数え年88歳):「米」の字を崩すと八十八と読めることに由来。
卒寿(数え年90歳):「卒」の崩し字が九十と読めることに由来。
白寿(数え年99歳):「百」から一を取ると「白」になることに由来。
紀寿(数え年100歳):百年=一世紀から由来。

ちょっと長くなってしまいましたが、これらは世間一般常識にあたります。
紳士なら覚えておきたいところですね。

 

お祝いの仕方

ここからが本題と言っても差し支えないですね。
まず、絶対に外してはいけないお祝いが還暦
昔から、生まれた年に還る=赤ちゃん、ということから赤のちゃんちゃんこを贈る習慣がありましたが、最近では赤い洋服や革製品、家族旅行などを贈る人のほうが多いようです。

ここで気をつけたいのが、祝い方。
昔なら、60歳は十分長寿に数えられましたが、今ではまだまだ現役の年齢です。
急にお年寄り扱いされると、本人は戸惑うでしょうし、気に障ってしまう可能性もあります。
そこまで派手に祝わないのが無難だといいますね。
派手に祝ってもいいのは、次の古希からでしょう。

70歳は十分長寿として祝える年だと言えます。
日程が合わず直接祝えない、という方には、お祝いの電報や、手紙を送ることをおすすめします。

 

いかがでしたか?
周りにもうすぐ賀寿の方がいる!長寿祝いについてあまり知らなかった!という方、お役に立てましたでしょうか。
役に立った!と思っていただけましたら、ぜひシェアいただけると嬉しいです。本日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

  • Bluebook編集部
    Bluebook編集部
    Facebook Twitter Google Plus
    サイト
    「Bluebook 紳士録」は、日々の生活で必要な紳士の役立つ「マナー」や「知識」情報を配信していきます。日々のちょっとした「知らない」「分からない」を解決したい。