コーヒーカップのスマートな持ち方とは?


皆さんコーヒーカップはどうやって持ちますか?

日頃いろいろな場面でコーヒーを飲む機会は多いかと思いますが、コーヒーカップの持ち方で「おっ、この人スマートだな」って思わせる方法を知っていますか?

コーヒーカップの持ち手部分をどうやって持つかによって、スマートかそうでないかが決まってきます。
持ち手部分は指を入れらるような穴が空いているかと思いますので、人差し指や中指をグルっと入れて持っている方も多いのではないでしょうか。

実はこの持ち手部分にグルっと指を入れるというのがNGなんですね。
ではどうすれば良いか。
持ち手には人差し指と親指で掴むように持ち、中指は持ち手の下方に添えるという持ち方が
「あの人、スマートでなんかかっこ良いかも!」
と思われるかもしれない持ち方です。

大きいサイズのカップやマグカップに関しては、この持ち方で無理しすぎると手がプルプルになりおじいちゃんみたいになってしまうので要注意です。
おじいちゃんが悪いわけではありませんが、大きいサイズは無理しなくて良いでしょう。

よく注意してみると欧米の映画で俳優がコーヒーを飲む時は、指をグルっと入れずにかっこ良く飲んでいるのが分かるかと思います。
映画などでこういう本場の所作を学ぶというのもありなのではないでしょうか。

きっとこれを実践すれば明日から周りのみんなに「なんか、急にトム・クルーズっぽくなったね。」と言われるかもしれませんね。

本日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

  • Bluebook編集部
    Bluebook編集部
    Facebook Twitter Google Plus
    サイト
    「Bluebook 紳士録」は、日々の生活で必要な紳士の役立つ「マナー」や「知識」情報を配信していきます。日々のちょっとした「知らない」「分からない」を解決したい。