恋人の両親に結婚の挨拶を紳士的にする為のポイント


恋人の両親に結婚の挨拶する時には、紳士的に振る舞いたい所です。結婚をしたら義理の両親として付き合っていく事になるので、第一印象は好印象であった方が良いですよね。

そこで、恋人の両親に結婚の挨拶を紳士的にする為のポイントを説明します。

挨拶に伺う時の身だしなみの重要点

恋人の両親に結婚の挨拶をするなら、しっかりした身だしなみを意識しましょう。

しかし、挨拶の時にボロボロのスーツを着て行くと、印象が低下してしまう可能性もあるので気を付けましょう。

挨拶前に彼女に家族に関する話は聞いておく

まず、結婚には賛成しているのか、婿養子を希望しているのか、同居はしたがっているかなどが挙げられます。

また、例えば、彼女の父親が非常に厳格な方だと話に聞いていれば、挨拶の時にも相応の覚悟で挑みやすいと思います。

挨拶時には彼女にも紳士的な対応をする

結婚の挨拶時には両親だけではなく、彼女にも紳士的な対応をするように心掛けましょう。

もし、結婚の挨拶に来た男性が娘に対して「お前」などと呼んでいたら、ご両親は憤慨するかも知れません。また、名前の呼び捨てもNGとされています。ご両親との会話に彼女の名前が出てきたときま、「〇〇〇さん」「〇〇ちゃん」などの呼び方で話すのが一般的です。彼女に接する時にも油断しないように気を付けましょう。

恋人の両親に結婚の挨拶に行くと、特に男性だとお酒を勧められるケースもあります。

もし、万が一、両親にどんどんお酒を飲む事を勧められた場合の対策として、彼女からやんわりと止めてもらうように要請しておくと良いです。

  • Bluebook編集部
    Bluebook編集部
    Facebook Twitter Google Plus
    サイト
    「Bluebook 紳士録」は、日々の生活で必要な紳士の役立つ「マナー」や「知識」情報を配信していきます。日々のちょっとした「知らない」「分からない」を解決したい。