懐石料理店で気をつけたい!5つのNG行動とは?


働き始めると、取引先との会食や接待などで懐石料理店へ出かけることが多くなる方もいるでしょう。大人であれば、そこでもしっかりとマナーを守りたいもの。

そこで今回は、懐石料理店でしてはいけない5つのNG行動をご紹介します。

畳のヘリを踏む

懐石料理店は、和室に通されることが多いです。そこで畳の縦の両端にあるヘリを踏むのは失礼にあたるので、やめましょう。

そのため、ヘリを踏む行為はマナー違反。

また畳のヘリで転ぶこともあるので、気をつけるようにしましょう。

座布団を踏む

畳のヘリと同様に、座布団も踏むことはマナー違反です。

そのため、そのまま膝を下ろすと真っ直ぐ座れないこともあるため、膝が座布団についたあと、両手を膝の横につけて場所を調整しましょう。

迷い箸をする

つづいては食事中にしてはいけない行動をご紹介します。

まずは迷い箸です。「どれを食べようかな」と箸を料理の上で動かしてはいけません。

犬食いをする

子供のときに「犬みたいに食べちゃダメよ!」と怒られた方もいるのではないでしょうか。

懐石料理店に限らず、食器の近くに顔を近づけ犬のように食べるのはマナー違反とされています。

手皿で食べる

箸を持っていない方の手で、料理が落ちないように手皿をして食べる行為は行儀が良いと思われがちですが、懐石料理店では避けたいところです。

箸で掴みにくく、こぼしやすそうな料理の場合は手皿ではなく懐紙で受けるようにしましょう。100~300円で購入できるため、

今回は懐石料理店でやってはいけない5つのNG行動をご紹介しました。

以上をまとめると、

  • ・畳のヘリを踏む
  • ・座布団を踏む
  • ・迷い箸をする
  • ・犬食いをする
  • ・手皿で食べる

の5つです。

懐石料理店でスマートな振る舞いをするためにも、普段からこのような行為はしないよう気をつけるようにしておきましょう。

  • Bluebook編集部
    Bluebook編集部
    Facebook Twitter Google Plus
    サイト
    「Bluebook 紳士録」は、日々の生活で必要な紳士の役立つ「マナー」や「知識」情報を配信していきます。日々のちょっとした「知らない」「分からない」を解決したい。