映画デートの男性のタブー


映画デートにタブーはあります。うっかり映画デートのタブーを行って困らせる。紳士を目指すなら、そんな事態は避けたいですよね。

そんな映画デートの男性のタブーを紹介します。

上映中に眠る

上映中に眠ってはいけません。このような振る舞いでは、女性に自分との時間は大事に思っていないのかと感じられても仕方ありません。

上映中に眠ってしまっては、その映画の内容を女性と話し合う事も出来ませんよね。このような事態にならない様に、

例えば、最初から自分が上映中に眠ってしまいそうな映画はデートの時には選ばない・映画デートのある日の前は睡眠管理をしっかり行うなどです。

上映中に頻繁に声をあげる

自宅で1人で映画を見ているのであれば、多少声をあげても許容される場合があります。しかし、映画館デートでは幾ら映画の内容に興奮しても、頻繁に声はあげないようにしましょう。これは、

映画の内容にドキドキしたのであれば、終わった後に相手の女性と喫茶店などで会話して分かち合いましょう。ちなみに、

見終わった映画にマイナスの意見を連発する

映画デートで鑑賞した映画が低クオリティの物だと感じた…。そんな場合もありますよね。しかし、相手の女性が面白かったと言っているのに全否定したり、マイナスの意見を連発したりは避けましょう。

折角、相手の女性が面白かったと発言しているなら、否定せずに話を聞いてあげましょう。

映画デートのタブーを避けるのは、それ程難しくないでしょう。是非、映画デートではこのようなタブーを行わない様に注意しましょう。

折角の映画デートなので、女性と一緒に楽しむといいでしょう。

  • Bluebook編集部
    Bluebook編集部
    Facebook Twitter Google Plus
    サイト
    「Bluebook 紳士録」は、日々の生活で必要な紳士の役立つ「マナー」や「知識」情報を配信していきます。日々のちょっとした「知らない」「分からない」を解決したい。