【要修正】紳士の為の携帯電話のマナー


修正必要

日頃から携帯電話を使用している方も多いでしょう。ただ、その携帯電話の扱いのマナーをしっかり実践出ている自信のない場合も考えられます。そこで、紳士の為の携帯電話のマナーを説明します。

携帯電話を使用する時は声の音量に注意する

携帯電話を使用する時に、その声の音量を意識し忘れるパターンもあります。

例えば、携帯電話で喧嘩になって怒鳴り合いになる事もあるかも知れません。このような振る舞いをしていると、先程の例だと、怒鳴り声を聞いた子供が怯える事や大人が不快に感じる事などが考えられます。

是非、携帯電話で会話する時には声の音量は周囲の人達に気遣う事をおすすめします。

携帯電話で会話する場面や場所はしっかり選ぶ

携帯電話で会話するのは不適切な場面や場所は存在します。

例えば、ピアノのコンサートの最中に観客席で携帯電話で会話するのは不適切なのは分かりやすいでしょう。よって、携帯電話で会話する場面や場所はしっかり選ぶ事が大事なのです。

無許可で他人の携帯電話のデータを見ない

親しい間柄でも無許可で他人の携帯電話のデータを見ないのはマナーです。残念ですがこのようなマナーを守れない男性もいます。

例えば、夫婦でも奥さんの携帯電話のデータを勝手に見てしまう男性もいるかも知れません。ただ、

見たとしても最終的に絶対に良いことにはなりませんよ。

長い間携帯電話を使用している人でも、実践出来ていなかったマナーもあるかも知れません。ただ、これからはこの携帯電話のマナーを習慣として定着させる事をおすすめします。携帯電話のマナーをきちんと実践する姿を見て、好感を持つ方もいる事が考えられます。
  • アバター画像
    Bluebook編集部
    Facebook Twitter Google Plus
    サイト
    「Bluebook 紳士録」は、日々の生活で必要な紳士の役立つ「マナー」や「知識」情報を配信していきます。日々のちょっとした「知らない」「分からない」を解決したい。