お詫びのマナー | Bluebook - 紳士録

お詫びのマナー


今回はビジネスシーンでの『お詫び』のマナーについてご紹介します。

上司やお客様から注意やお叱りを受けたときの反応によって、今後の信頼度が大きく変わります。社会人であればできて当然のマナーですが、なかなか難しいのですぐにでも身につけてくださいね。

言い訳しない

13de490abce8831efc1307d14edb1eaf_s

どんな場合でも、言い訳はNGです。

ここで格好をつけることは絶対にNGです。すでに格好悪いことをしてしまっているので、理由を伝えて全力お詫びをすることが大事です。

をし、ある程度納得していただけた段階で、『実は・・・』と事実を切りだしてください。はじめから弁解をしてしまうと、聞いてもらえないことがあるので要注意ですよ。

自己弁護に取られる言い回しを使わない

cc4ac752a28ab539855c83754c790ad1_s

です。

『前述の言い訳』につながりますが、『○○してしまった』『○○なはずではなかった』のような自己弁護と取れる発言はやめてください。相手が怒っている場合は、特にそういった言い回しが気になるものです。心に少しでも『だって・・・』『自分だけが悪いわけではない・・・』という思いがあると、ついつい口から出てしまいますよ。

できる限り大至急会ってお詫び

309e2c1f15a7bd1f265712dca932543b_s

できる限り大至急、怒らせた相手に会ってお詫びすることが大事です。上司もお客さまも同じです。怒っている相手、迷惑掛けた相手には顔を見て全力のお詫びをすることが大原則なんです。

です。メールを送って済ませよう・・・なんてことは誠実さを感じないのでNGです。

相手に聞こえる声ではっきりと

d693f781e6c7c2d3909d4c1ca13d5ab8_s

ぼそぼそと力のない声でお詫びをしても、相手は喜びません。なぜなら怒っているのは相手であって、あなたが落ち込んでいることは、どうでもいいことだからです。こんな時は、はっきりと相手に聞こえる力のある声でお詫びをしてください。それだけで誠実さが伝わることもあります。

開き直りととらえられることが心配なら、きびきびした動きで深く頭を下げるとさわやかな印象を与えられます。ですね。

いかがでしょうか。

社会人になるとお詫びする機会は学生時代より格段に増えます。お詫び上手は仕事上手でもあり、上司やお客様から可愛がられる人物になります。

最後にお伝えしたいポイントは、です。許してもいない相手から『○○して穴埋めします』と言われても、『君にはもう頼まないよ!』と言われてしまいますよね。

  • Bluebook編集部
    Bluebook編集部
    Facebook Twitter Google Plus
    サイト
    「Bluebook 紳士録」は、日々の生活で必要な紳士の役立つ「マナー」や「知識」情報を配信していきます。日々のちょっとした「知らない」「分からない」を解決したい。