ビールのちょい足しレシピ


外で仲間とワイワイ楽しむお酒もおいしいですが、誰の目を気にすることなく気軽に飲める「自宅飲み」もオツなものです。少し大きめのスーパーマーケットへ行けば、世界各国のビールが陳列されているので、簡単にさまざまな国のビールを楽しむこともできます。

今回は自宅飲みの可能性を広げる「レッド・アイ」と「シャンディ・ガフ」の作り方をご紹介します。

レッド・アイの作り方

4978170d961f0950edf6125fd0aea7b4_s

です。

作り方はとても簡単で、ビールとトマトジュースを好きな分量で混ぜ合わせるだけです。トマトジュースは、つぶつぶ感のしっかりしたタイプと、適度な酸味のあるさらさらして飲みやすいタイプがあるので、お好みで選ぶとよいでしょう。

バーなどでは、スライスしたレモンが添えられていることがありますが、自宅飲みなら手軽にレモン風味を付け足せる「ポッカレモン」が便利です。最後にコショウを一振り、二振りすれば、レモンの香りとコショウが相まってスパイシーなカクテルになります。

シャンディ・ガフの作り方

ab2e9a97b969366e418dbda97d4627e1_s

です。

よく冷やしたグラスに半分ずつ注ぐのが基本ですが、こちらも合わせる量はお好みでかまいません。甘さの強いジンジャエールと、ショウガの風味が効いているジンジャエールでは、テイストにかなりの差が出ます。甘さが舌に残るのが気になる場合は、辛めのジンジャエールをチョイスするのがオススメです。

いかがでしたか。
気軽に買える缶ビールや瓶ビールも、このようにします。自由で気ままな自宅飲みをもっと楽しんでみませんか。
  • Bluebook編集部
    Bluebook編集部
    Facebook Twitter Google Plus
    サイト
    「Bluebook 紳士録」は、日々の生活で必要な紳士の役立つ「マナー」や「知識」情報を配信していきます。日々のちょっとした「知らない」「分からない」を解決したい。