大型バイクのススメ


最近、収入や時間の面で余裕が出てきた方のあいだで徐々に根づき始めている趣味のひとつに、大型バイクがあります。

です。

大型バイクの種類

92092e7c6f22c9d58f8e45ea70d0bca3_s

です。

しかし一口に大型と言っても、幾つか種類があります。

まずは、。街乗りから高速道路をつかったツーリングまでオールマイティに使えます。

そして、。主にV型2気筒エンジンで、ドコドコと鼓動感を楽しみながらゆったり走るタイプです。

その他には、、高速道路主体に一日1,000キロ以上移動することを前提として大きなカウルのついた「メガクルーザー」等があります。

でしょう。

大型バイクの特性

2036383f952a47c11121216e81d9576d_s

です。排気量1,000ccクラスの「リッターバイク」は同じ排気量の車の1/4ぐらいの重量しかありませんから、不用意にアクセルをひねればリアタイヤは空転し、スリップしてしまいます。

またコーナーでは車体を傾けて走りますから、スピードオーバーは転倒の危険が高まります。

大型バイクの楽しみ

156a2f4e2e7f6f7dba5680f6de02d3ea_s

 
です。

  • 春、暖かくなった清冽な空気の中を走る楽しみ。
  • 夏、夕暮れと共に涼しくなる空気と、夕焼けの美しさ。
  • 秋、紅葉と、峠の南と北で気温が違うのを肌で感じること。
  • 冬、寒さをこらえて帰宅したときの家庭の温かみ。

  

ライダーが備えておくべきこと

ここまで読んでいただき、大型バイクにはたくさんの魅力があることがお分かりいただけたと思います。
と同時に、簡単に扱える代物ではなく、だからこその魅力なのだということもご理解いただけたのではないでしょうか。

そして、そんな大型バイクのライダーが楽しく安全にツーリングやバイク生活を楽しむために備えておきたいことは、なのかもしれません。
メンテナンスをしていても、思わぬ故障やパンクに見舞われたときなど、大型バイクだからこそ大変なことは多そうですよね。

そんな時、信頼できるロードサービスに登録してあると本当に安心できるものです。
ワイルドな印象の大型バイクですが、乗る人の備えは万全にしておくことこそかっこいい紳士ですよね。

  • Bluebook編集部
    Bluebook編集部
    Facebook Twitter Google Plus
    サイト
    「Bluebook 紳士録」は、日々の生活で必要な紳士の役立つ「マナー」や「知識」情報を配信していきます。日々のちょっとした「知らない」「分からない」を解決したい。