知って得する!グルメ用語〜イタリア編〜


イタリア料理はスローフードですので、ゆっくりといただくのがマナーの一つです。今ではパスタ・ピザなどといったイタリア料理は身近なものとなり、日本の食生活にもすっかりと定着してきました。

スローフードの発祥地とあって、そこには様々なこだわりが見え隠れしています。フランス料理と比べると一皿の量が多く、品数も少なくなっているのが特徴です。

今回は、そんなイタリア料理について知っておいてほしいグルメ用語をご紹介します。

 

知っておこう!グルメ用語

photo by: Dan

パスタの種類

先が尖っていて中は空洞のパスタ
「カッペリーニ」
スープなどによく使用される極細のパスタ
「フェットチーネ」
幅の広いパスタで濃厚なソースとの相性がよい

料理名

「ミネストローネ」
イタリア語で「具だくさん」の意味。トマトベースの野菜スープ
「カプリチョーザ」
イタリア語で「気まぐれ」の意味を持つ。シェフのオススメ、その時期の旬を楽しむことができる。
「カルパッチョ」
生の魚や仔牛肉を薄くスライスし、オリーブオイルをかけた料理
「フォカッチャ」
ピザと似ている薄く平たいパンのことで、サンドイッチに使用されることが多い

 

基本的なイタリア料理のフルコース

photo by: Reedz Malik

食欲を増進させる軽めの料理が出てきます。


パスタ・リゾットが出ます。


肉・魚のメインディシュになります。


メインディシュの付け合わせの野菜料理です。


様々なチーズを楽しむことができますが別料金となることも。


パンナコッタ・ティラミスなどの菓子、又はジェラートや果物。バラエティー豊か。


イタリア流でいくならばエスプレッソを頼んでみて。

 

イタリア料理、ここがポイント

イタリア料理はコース通りに頼まなくてもマナー違反にはならず、例えばプリモ・ピアットを省略することもできます。
小食の人などは量をあらかじめ少なくしてもらうことや、逆に追加注文をすることもマナー違反ではありませんよ。

家でも本格的なイタリアンを楽しむために!

外で食べる本格イタリアンはもちろん魅力的ですが、家でも素敵なイタリアンがふるまえたら男としての魅力も倍増です。
気になる子や、彼女に「食べにくる?」とサラッと言えたらかっこいいですよね。

そんな料理好きの男性にぜひチェックしていただきたいオリーブオイルが『オリーブハート』というオイルです。世界的なオリーブオイルの権威であるヘロニモ・ディアス氏が特別監修をおこなったこちらのオイルは、“生”でかけられるほどフレッシュで美味しいと評判です。
ぜひ、その味をあなたの舌で確かめてみては。

いかがでしたか?
一度は耳にしたことがあるけれど、実はあまり意味がわかっていない…という言葉が多かったのではないでしょうか。

近年、日本にもイタリア料理が多く浸透してきているため、パスタの種類などはちょっとした常識にもなってきていますよね。レストランに行ったはいいものの、メニューが読めない…なんてことにならないように、知っておいてほしい豆知識でした。

今回も、最後まで読んでいただきありがとうございました。

top photo by: Michael Stern

  • Bluebook編集部
    Bluebook編集部
    Facebook Twitter Google Plus
    サイト
    「Bluebook 紳士録」は、日々の生活で必要な紳士の役立つ「マナー」や「知識」情報を配信していきます。日々のちょっとした「知らない」「分からない」を解決したい。