スコッチ、バーボン、その違いは?


スコッチ、バーボン、、何やら大人のにおいがする響きですが、よく名前を聞くこの2種類のウィスキーの違い、あなたはわかりますか?

そもそも、ウィスキーとは何でしょうか。
ウィスキーとは、麦などの穀物類を発酵させ、蒸留したもので、わかりやすく言うと、ビールの蒸留酒です。
これは前回の投稿のおさらいですね。
スコッチとバーボンは、このウィスキーの中の種類、ということになります。
名前だけ見ても全く違いがわかりませんが、この2つのウィスキー、何が違うんでしょうか。

 

スコッチウィスキーとは?

まず、スコッチウィスキーについてみてみましょう。
スコッチウィスキーは、イギリス、スコットランドで製造されているウィスキーのことで、大麦を原料としています。
世界5大ウィスキーのひとつに数えられています。
厳密な定義が定められており、スコットランドで造られたものでなければ、スコッチウィスキーと呼ぶことができません。
スコッチウィスキーの主な銘柄は「バランタイン」「マッカラン」「シーバスリーガル」ですね。

 

ちなみに世界5大ウィスキーとは?

スコッチウィスキー
アイリッシュウィスキー
アメリカンウィスキー
カナディアンウィスキー
ジャパニーズウィスキー

の5つのウィスキーの総称であり、世界で高い評価を受けている代表的な5つのウィスキーです。
ジャパニーズウィスキーも入っていて日本人としては嬉しいですよね!

 

ではバーボンウィスキーとは?

あれ?バーボンウィスキーは世界5大ウィスキーにも入っていないよ?という声も聞こえてきそうですが
バーボンウィスキーとは、アメリカ、ケンタッキー州で「主に」造られているウィスキーです。
バーボンという名前は、アメリカ独立戦争の際にアメリカに味方したフランスのブルボン朝の名前に由来しているそうです。
トウモロコシを原料としているウィスキーで、その定義は原料のトウモロコシが51%以上80%未満で造られたものを言います。
定義としてトウモロコシの割合が80%以上となると、コーンウィスキーという別のウィスキーになってしまいます。難しいですね。

ちなみにバーボンウィスキーは、スコッチウィスキーと違って、ケンタッキー州以外の場所で造られたとしても、原料に関する定義を守っていれば、バーボンウィスキーと呼ぶことができます。

バーボンウィスキーの主な銘柄は「アーリータイムズ」「ワイルドターキー」ですね。

 

ウィスキーの分類はとても細かいです。
今回の投稿だけでは説明しきれません…
しかし、紳士の嗜みとしては、ウィスキーの種類についてもひと通り覚えていきたいところです。本日も最後まで読んでいただき、どうもありがとうございました。

  • Bluebook編集部
    Bluebook編集部
    Facebook Twitter Google Plus
    サイト
    「Bluebook 紳士録」は、日々の生活で必要な紳士の役立つ「マナー」や「知識」情報を配信していきます。日々のちょっとした「知らない」「分からない」を解決したい。