超基本!箸使いのタブー


本日は和食でのマナーで箸使いのタブーに関してお話します。

箸使いのタブーはめちゃくちゃあります。
ありすぎて今回だけでは収まらないですね。

まずは簡単なところから。

・刺し箸
これは簡単ですね。
箸でグサッとハンバーグを刺し貫いて食べちゃうことですね。
みっともないので止めましょう。
・迷い箸
箸を持ちながら、どの料理を食べようかと箸をあちこち動かしながら
そのまま徘徊してしまうことですね。
親に迷惑をかけることになるので止めましょう。
・さぐり箸
料理の中の好きな物を箸でさぐってより分けながら、前にいる女性が
自分のことを本当に好きかどうかさぐりを入れることですね。
気持ち悪いので止めましょう。

 

ちょっと悪ふざけが過ぎましたが、本日は一番簡単な3つのタブーを
紹介しました。
この3つは小さい時に親から注意されたことがあるものではないでしょうか。

さすがに刺し箸やさぐり箸をやる方は少ないと思いますが、迷い箸に関しては
もしかしたら本人が気づかないうちにやってしまっていることもあるかもしれません。
もう一度基本をおさらいしておきましょう。

以上、最後までお読み頂きありがとうございました。

  • Bluebook編集部
    Bluebook編集部
    Facebook Twitter Google Plus
    サイト
    「Bluebook 紳士録」は、日々の生活で必要な紳士の役立つ「マナー」や「知識」情報を配信していきます。日々のちょっとした「知らない」「分からない」を解決したい。